古くて新しいおうち

5月末に引っ越しをして、3ヶ月が経ちました。

古い農家ですが、ところどころ不思議なリフォームがしてあり、つい最近まで住んでいたというのに、洗面所やキッチンは掃除を諦めたらしく、カビや油汚れがひどく、ネズミのフンも沢山落ちてました。それでも、ベースは日本家屋だし庭も家も広いし、なんとかなると思いました。

まず、おかしいところにある壁や床をぶち壊し、汚い壁を剥がしまくり、棚を取り、残されていた家具を処分しました。

そしてそこからリフォームの始まりです。

床を張り漆喰を塗り棚を作り…と まだまだ続いてます。ビフォアアフターはこれから少しづつ載せて行きます。

IMG_9495

その前に、丸一日かかって取り付けた浄水器のことを書きます。

今、どこのスーパーでも容器を買えば汲める純水ですが、2年ぐらい前に知りました。脱金属をしたときに、無機ミネラルも鉱物なので、ミネラルウォーターや、カーボンを使った浄水器は体には合っていないと聞かされ、オーリングをしたところ、純粋では指は離れず、家で使っていた浄水機の水は水道水より力が入りませんでした。

純粋を作る逆浸透膜のフィルターの孔径は水分子の大きさ以下なので、重金属は通ることができず、放射能物質もほとんど取り除くことができるようです。

購入を考え、いろいろと調べてみると、日本の家庭ではあまり普及していないので見た目より高く、購入する気になれず、スーパーでいいやと思い、諦めました。

引っ越しが決まり、またなんとかしたいと思い始め、調べていると、セカイモンという世界のヤフオクみたいなサイトで購入し、自力で取り付けたという記事を発見しました。早速、セカイモンを見てみると、2万円前後で山のように出ていました。どのメーカーが良いのか、家の水道管に付けられるのか、よくわからなかったのですが、今はいい時代です。古い水道管から分岐して浄水器の水を取るパーツのことをブログで書いてくれてる人がいたので、付けられることを確信しました。そして、数ある中から、新品で2年分のフィルター付きで約2万円というものをアメリカの業者から落札しました。送料は着払いで1万3千円とかなり高いですが、日本で同じような浄水器を購入すると安くても7万円弱、付けてもらうのに2万円ぐらいするので、そのことを考えると安いと思います。

IMG_9541

IMG_9589

商品が届いてから3ヶ月、付けるのが面倒で放置していました。そしてやっと重い腰を上げました。

まず、蛇口の付け根に浄水する水を取るための分栓機を付けます。

imageimage

 

分栓機は、ネットで3千円ぐらいで買えます。ねじの所はちゃんと水道管用の白いテープを巻きます。

 

 

電動ドリルで浄水の蛇口を付ける穴と、原水が通るチューブをシンク下に出す穴を開け、専用の蛇口を付けます。image

浄水器のチューブの配線は色分けしてあるので簡単です。

英文の説明書をがんばって読んでみると、メインの逆浸透膜フィルターに水を通す前に、その前の3つのフィルターに水を通して洗うということがわかりました。それをするためにチューブを一度外したら、戻す所がわからなくなり、ネットで構造を調べたり、なんだかんだと、丸一日を費やしました。

後になって、浄水を作るときに、かなりの排水が出ることが分かり、排水管に繋いでいたチューブを抜き、排水も洗濯などに利用することにしました。

image

無事シンク下に収まりました。この写真は赤い排水チューブか排水管に繋いである状態です。

純水製造には時間が掛かるのでタンクが付いているのです。これは、3.2ガロン、12ℓぐらい入ります。

さて、肝心なお味ですが、無味無臭、ニュートラルな味で大満足です。使い勝ってと、水質測定結果はまた載せたいと思います。

これからも日々、古いおうちは進化して行く予定です。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中