月別アーカイブ: 2015年10月

ワクワクのウェーブ畑

庭仕事が好きです。園芸のことも農業のこともよくわからないけど、大地の上に立って、土に触れ、植物を育てたりすることは自分にとってすごく自然なことです。

リフォームが忙しくて、気が回らなかった裏庭も、秋の気配とともに、何か植えたくなってきました。広大な裏庭はかつて、木がたくさんあり、祠もあったようですが、借りたときには、草も生えていない荒野でした。4ヶ月経った今は手に負えないほどの雑草が生えてきたので、大丈夫と思うことにして、畑を作りはじめました。

スパイラル型の畑は前の家でやってましたが、今度の家では、家を中心に水紋が広がっていくような、ウエーブ型の畑にしました。なにも生えてなかったので、土が雨で流れてしまったらしく、家からだんだん外に向かって土が傾斜して浄化槽のパイプなども剥き出しになっていました。

パイプを境にして、外側から土をスコップで少しずつ盛り上げていきました。ただひたすら土をすくい移動させるだけでも楽しいものですが、やりだすと止まらなくなり、後でへばってしまいます。耕す時も腕の力ではなく、体のひねりでやると疲れにくいという古武術のすごい人の映像を観ましたが、気付くと腕の力でやってます。高校生のとき合気道をやっている友達(女の子)の腕が筋肉質でかっこいいなと憧れていたので、このままマッチョを目指すという手もあります。

左端の方からの掘り始め

IMG_9577

盛り上げ盛り上げ

IMG_9580

こんな感じになりました。写真ではあまり高低差がわからないですね。

IMG_0188

             IMG_0208

IMG_0097

中央に見える小屋は子供が友達と一緒に作った基地です。

上の方に桜並木が見えます。ついこないだまでは彼岸花が群生してました。

さて、何を植えようと、種の箱を取り出して見てみます。自家採取したほうれん草やベガ菜や「たねの森」の種がいくつかあったので蒔いてみました。

種というものは、いつもすごいなと思います。ずっと固い豆粒なのに、土に蒔いたとたんに眠りを覚まし完成形?になろうとする。止まっていた時が流れ出すように見えるけれど、種の時間は止まってはいなかったのかな?

そろそろ、私も眠りから目を覚まします〜

広告